12_edited.jpg

肝胆膵外科医

内視鏡外科医

Hepatobiliary-Pancreatic & Endoscopic Surgeon

G Honda 0.jpg

本田医師は、一般外科医としての修練を終えた後に、肝胆膵疾患の開腹手術を中心とした修練を積み、外科手術だけでなく診断や集学的治療の基本をしっかりと習得した上で腹腔鏡手術に取り組んでいます。

 

これまで腹腔鏡下肝切除術や腹腔鏡下膵切除術といった高難度な手術手技の標準化を一つひとつ進めながら、段階的に適応範囲を広げてきました。

 

手術の安全性を重視し、患者本位な姿勢を崩さないバランスのとれた取り組みには一貫したものがあります。

主な診療内容

○ 膵癌の集学的治療(外科手術・抗がん剤治療・術前化学放射線治療)

○ 肝臓の良性・悪性腫瘍に対する腹腔鏡下肝切除術・開腹肝切除術

○ 膵臓の良性・悪性腫瘍に対する腹腔鏡下膵切除術・開腹膵切除術

○ 胆嚢炎・胆石・胆嚢腫瘍に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術

○ 総胆管結石に対する腹腔鏡下手術・開腹手術

○ 先天性胆道拡張症に対する腹腔鏡下手術・開腹手術